HOME>特集>住宅を強化するポイントは屋根のリフォームにあり

目次

屋根を守るための工事

建設作業

屋根工事といえば塗り替えが一般的ですが、ほかにもカバー工法や屋根葺き替えも行われています。いずれの場合も屋根の寿命を延ばして雨漏りを防ぐことが目的で、それが住宅全体の耐久性アップにつながります。建物は雨水が侵入する部分から傷んでくるので、屋根工事は特に重要度が高いです。神戸で屋根工事をするべきタイミングは、建物の立地条件によって変わってきます。例えば築年数がまだ浅くても、直射日光を受けやすい場所にある家ですと塗膜が劣化しやすくなります。

屋根に異変が見られたら工事の検討を

屋根全体が色あせて、くすんで見えるようになったら塗り替えの屋根工事を検討してみましょう。特にチョーキングと呼ばれる現象が起きている、サビやひび割れなどが目立つ、といった場合は早めの塗り替えが必要です。カバー工法はコストを抑えて屋根の耐久性を高めたい状況で適しており、断熱機能を高めて屋根を強くするためにも活用されています。屋根材が傷んでしまっている場合は、塗り替えだけでは対応ができません。葺き替え工事をして劣化した屋根を修理し、外的ダメージからの耐久性をアップさせましょう。すでに雨漏りが見られる場合は、葺き替えが必要になることが多いです。屋根は外壁よりも確認が難しいため、神戸で外壁塗装が必要な時期になったら、それにあわせて屋根診断を受けてみるのがおすすめです。

広告募集中